火災保険では建物の保障はもちろんのこと家財の保障を忘れてはいけません。必ず必要になる部分です。

保険に入っておくといざという時安心です
保険に入っておくといざという時安心です

火災保険では家財の方が重要になることがある

火災保険には建物を保障するものと家財を保障するものがあるとされます。そもそもそういった仕組みであることを知らない人も多いと言われています。建物に加入すると自動的に家財部分についても一定の保障が受けられると思っているのかもしれません。そういった考えだと建物部分はしっかり保障を欠けているのに家財にかけておかなかったばっかりにその後の生活が困ることがあります。ではどのようなことに困るかを考えます。

家財といいますと家電や家具などになります。家電製品なら1つあたり10万円ぐらいするものが多いです。冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなど必要な物が多いです。更にテレビやパソコンなども必需品になってくるでしょう。火災によって焼けてしまえばそれらがなくなります。別のところで住むときにそれらをどうするかです。やはり一から揃えないといけません。住宅に関しては給付が下りても家財に給付が下りなければ負担しなければいけません。

なんとかボヤ程度で済むことがあります。でも室内の消火活動により家財は水浸しでとても使える状態出ないことがあります。この時も家財の保障が必要になります。保障の対象にならないものもあるので注意して計算するようにします。

Copyright (C)2017保険に入っておくといざという時安心です.All rights reserved.