火災保険に加入するとき、1年毎に更新するのが当たり前と思うかもしれません。長期の方が得になりそうです。

保険に入っておくといざという時安心です
保険に入っておくといざという時安心です

火災保険は長期に入るようにする

損害保険といいますと1年毎に満期が来て1年毎に支払いをすると思うかもしれません。そういった商品も多いのですが、長期で加入できる場合もあります。ただし、新築で30年加入した後、引っ越しをすることになったらどうなるのでしょうか。その住宅では加入し続けることができませんから解約となってしまいます。長期で入っていたら無駄になると思うのです。その辺りは安心しましょう。きちんと戻ってくる仕組みになっているのです。

例えば35年契約として加入したとします。しかし5年後に引っ越しをすることになりまいた。そこで解約をしたところ払い込んだ金額の90パーセント近くが戻ってきました。つまりは払い込んだ金額の10パーセントで保障をしてもらっていたことになります。これが1年毎に更新をしていたり5年満期のものであればその倍近い金額を払わないといけないこともあります。これは長期に加入していたからこそ受けられるメリットと言えるでしょう。

この契約年数に関してはチョットしたコツがあります。長期ならどの期間ならどの期間でもいいわけではありません。ファイナンシャルプランナーに聞くと計算をしてもらえることもあります。会社の人は計算してくれないかもしれません。

Copyright (C)2017保険に入っておくといざという時安心です.All rights reserved.