収入保障保険の受け取り方で年金方式にしてしまうと税金が複数かかったり、その年ごとにかかったりします。

保険に入っておくといざという時安心です
保険に入っておくといざという時安心です

収入保障保険を年金形式で受ける場合の税金

保険給付に関しては収入と見られたり、相続財産と見られることがあります。それによって税金がかけられることになります。生命タイプの場合は相続税がかかる場合があり、金額によって税金の額が決まることになります。基本的には相続税のみになるのですが、種類によって、受け取り方によっては別の税金がかかることもあります。税金そのものもあまり嬉しいものではありませんが、そのたびに申告をしたりするのも面倒と思うかもしれません。

収入保障タイプといいますと年金タイプで受ける事が多いのですが、こちらは相続税がかかるだけでなく所得税がかかることもあるものです。そのために受ける場合には一時金にする方法があります。そうすれば一時金として受けた時のみ税金がかかるだけなのでそれ以降は特に処理も必要無くなります。税率などもそのときによって変わることがあるので、毎年のように申告をするよりは一時金として受け取り、その他の商品に変えるようにすることも考えます。

ファイナンシャルプランナーであれば生保のことも税金のこともよく知っています。最もキャッシュが残る受け取り方はどのパターンかを聞いておくようにしましょう。加入時と実際に受けるときとで状況が変わっているかもしれません。

Copyright (C)2017保険に入っておくといざという時安心です.All rights reserved.