保険料免除特約において、会社において積立の状況が異なります。毎月積み上げるか、その場で全額積み上がるかです。

保険に入っておくといざという時安心です
保険に入っておくといざという時安心です

保険料免除特約後の積立額の状況

保険の仕組みとしては、毎月一定の支払いを行い、何らかの支払用件が起きたときに支払いをしてくれます。その時にはどれくらいお金が積み上がっているかがあります。加入したての場合はほとんど積まれていません。一方で加入から大分経っているときはかなり積み上がります。定期タイプなら満期まで期間があるなら積まれていますが、満期が近づいてくるに従ってどんどん減ってくることもあります。満期になれば当然ゼロになってしまいます。

一定の状態になったときにその後の支払いが免除になるタイプがあります。多くの会社で特約として設定できるのですが、会社によって積立の状況が違うようです。多くは、その後の料金が毎月積み上がるようになっています。後10年間払う予定のものであれば、10年かけて少しずつ積み上がる状態です。積み上げるのは設定をした会社になるのでしょう。その残高に応じて、加入者は色々なことができるのです。

別の会社においては、免除の状態になったら、その時点で払込を全て終えたとして積立が行われます。つまりは後10年かけて積み立てるものが一気に積み上がる状態になります。それを元に貸付をしてもらったり、解約をして解約返戻金を受けることもできます。

Copyright (C)2017保険に入っておくといざという時安心です.All rights reserved.